パパ活の相場について

パパ活の相場について

気分転換をしながらお小遣いを稼ぎたい女性、大人の男性とのデートを楽しみたい女性に人気となっている仕事として、パパ活が注目を集めています。

危険であるというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、しっかりと約束を交わすことで安全に稼ぐことができるのです。

デートの内容や、気になるお小遣いの相場を紹介します。

1.パパ活の相場は?

パパ活の相場は定期で会うのか不定期で会うのか、体の関係の有り無しによってお手当ての金額が変わってきます。

定期とは、週に一度か二度会う約束をするというものです。
定期で会う場合のその頻度はお互いの状況によって変わっていきます。

体の関係無しの不定期でパパ活をする場合、これはいわゆるデートパパというもので、デートをした上で10,000円~30,000円のお手当てを貰うというのが相場になります。
体の関係有りで不定期でパパ活をする場合は、30,000円以上が相場になります。
体の関係無しの定期でパパ活をする場合は月に50,000円~100,000円が相場になります。
体の関係有りの定期でパパ活をする場合は月に100,000円以上が相場になります。
定期でパパ活をする場合は週に何度会うかという条件によって、金額に幅がでます。

当然ですが、定期でパパ活をするといっても契約書等を作ることはありません。
そのため口約束であることがほとんどであり、突然定期でなくなるということもあります。

もちろん、不定期よりも定期の方が収入の安定という面では良い条件であるといえます。
定期のパパ活をしてくれる男性を探すことが理想ですが、いきなり定期で契約をしてくれる人と出会うのは難しいです。

また、会ってすぐや会う前の段階で、お金の話をしてしまうのは相手の男性にとっても不快なものとなってしまいます。
そこで、定期のパパ活をするために、まずは相手の方との信頼関係を築くことが重要です。

定期の契約をするための交渉のタイミングとしては、出会ってから1ヶ月くらい、4回目のパパ活をした時が良いタイミングといえるでしょう。

2.月の相場はいくら?

月の相場も定期なのか不定期なのか、体の関係の有り無しで基本的な金額が変わってきます。
月いちで体の関係無しの場合では、初回は顔合わせとしての意味で5,000円が相場といえます。

それ以降で同じ方と2回目、3回目のパパ活をする場合には、金額が上がる場合もありますが、相手の方との信頼関係や相手の方の経済状況によって変わってきます。

実際に2回目、3回目に会うかどうかわからない男性でも、最初に会う段階で「2回目以降はいくらがいい」ということを伝えておくと、その後の交渉もスムーズにいきます。

ここで注意が必要な点は、会うまでに「お手当てがいくら欲しいか」をはっきりと相手の男性に伝えておくことです。
この話を先にしておかないと、会った時にお手当てについてトラブルとなる可能性があります。

また、定期でのパパ活交渉をする際には他にもパパを見つけておくことで、少し強気に交渉をする事ができるでしょう。

そのため、定期の交渉をする前に何人かパパを見つけておくことも大事です。

定期契約であってもお手当てをもらう方法として、会う時にその都度もらうのか、毎月一括でもらうのかも契約段階で決めておきましょう。

お互いに金銭についての話し合いがついたうえで、その後のパパ活を続けるという方法が、より良いパパ活を続けるうえで重要なポイントとなります。

3.一度きりデートのみの相場

1回のみのデートで体の関係なしの場合は5,000円~20,000円が相場になっています。

ただし、パパとの関係性によって金額は変わってきます。
たとえば、何度かデートや食事などのパパ活をしている男性であれば、金額が相場よりも上がることがあります。

また、定期契約であれば1回のみのデートでも月に何度会ったかを日割りで計算すると、比較的高額になることもあるでしょう。
特に東京、大阪、名古屋といった都市圏であれば地方に比べて金額が高くなる傾向にあります。

稼ぐための流れ

会うまでの流れとしては、事前にメールでやり取りをする段階で5,000円の条件を提示し、パパ活ができる男性を探し、相手の男性を決めます。

最初に1万円や2万円という金額でのパパ活相手を探しても、そのような条件の相手の方を探すこと自体が難しいものです。

そのため、最初は5,000円程度に設定することが無難です。
その後、実際に会ってみて相性や雰囲気など、お互いのことを知り合います。

そして、次に会う約束をする際に、2回目以降の金額を決めます。
直接話すことが苦手である人は、メール等で連絡するのもよいでしょう。

もしも実際に会ってみて、相手のパパ活候補の男性が一緒にいるだけでも苦痛な人であれば、それ以降のデートは断ってもよいのです。

2回目以降は男性が女性を気に入ってくれた上で会うことになるため、1回目よりも金額が上がるというケースが一般的です。

4.食事のみの相場

体の関係なしの食事だけのパパ活の場合、初回であれば上記の金額のように5,000円~20,000円が相場になります。

2回目以降であれば10,000円~20,000万円が相場です。
1ヶ月に週1回の定期で会うといった契約の場合には、50,000円から100,000円が相場となっています。

紹介した金額はあくまでも相場であり、状況次第で金額は変わります。

ただし、あまりに高額な条件は危険であると認識しておきましょう。
身体の関係を強要するなど、犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

デート代金について

これらの金額には食事代や交通費を含めないのが普通です。
そのためこれらの金額がお手当てということになります。

交通費は相手の方が出してくれることが多いのですが、中には交通費も込みとしているパパもいるため、事前に内訳も決めておきましょう。

時給を上げるためのコツ

こうして金額だけをみると、普通に働いている人に比べてはるかに高い金額をもらえることになります。

しかし、食事の場所までの時間や食事の時間を含めて金額を考える必要があり、「時給換算してみたら意外と高時給ではなかった」などというケースも珍しくありません。

そのため、食事の場所や食事自体の時間を考えてパパ活をするということが、1カ月でより多くの金額を稼ぐために重要なポイントとなります。

たとえば、食事1つとってもランチとディナーではお店に滞在する時間が変わってきます。
食事の場所までの自宅からの距離によって、どのくらいの時間をパパ活に割いているのかも変わるのです。

また、待ち合わせ場所から車で移動などということになれば、パパとは往復分の時間一緒にいなければならなりません。
デートの時間も増えるため、注意が必要です。

5.体の関係がないと稼げない?

パパ活すべてに体の関係が伴うわけではありません。

ただ、体の関係があるパパ活が存在するのも事実です。
身体の関係については、万が一警察等に知られた場合、売春防止法という法律違反となります。

これはパパ活をしている当事者の2人ではなく、その2人を紹介したり、斡旋したりした人が対象です。

2人を合わせた後、その2人の間に体の関係があることを認識したうえで紹介していた場合には、その人にも刑罰が科せられるという法律です。

まず、売春防止法における「売春」とは、対償を受けた、もしくは受ける約束で不特定の相手方と性交することをいいます。パパ活をする際に金銭の受渡しの約束をしたうえで実際に男性と体の関係をもつと、この「売春」にあたります。

そのため、パパ活を仲介している会社では体の関係を持つことを禁止するなど、あくまでもデート相手として紹介しているのです。

体の関係を持つ際の注意点

出会い系サイトなどを利用し、個人でパパ活を行っている女性とパパの間には体の関係があることも珍しくはありません。

体の関係があった方が、初心者でも簡単に稼ぐことができるためです。
しかし、ただの売春にならないように注意が必要です。

パパ活とは、あくまでもパパとなる男性との時間を楽しみながらおもてなしをするという気持ちを持って行うもの。
ある程度のプライドを持ってパパとの契約を進めることが重要です。

6.体の関係が有る場合の相場

どうしても高額な現金を稼ぎたい場合や、素敵な男性であれば体の関係を持っても良いという場合には、貰える金額の相場も変わります。

体の関係有りの場合でパパ活をすると、その相場は30,000円~50,000万円です。
この場合も定期なのか不定期なのかという、契約の内容によって金額は変わってきます。

容姿で相場は変わる

週1回の定期の場合、月に200,000円が相場であるといえます。

これはあくまで相場としての金額であり、女性の容姿や身だしなみ、知性や品といった女性側の魅力と、パパ活をする男性の経済力やその男性との関係性によって金額は変わってきます。

パパ活をしている女性の中には「週1回のデートで食事と体の関係を持つ」という条件の契約で、月に500,000万円を稼ぐ女性もいます。

お手当の内容に注意

これらの契約をする際には、一般的にホテル代や交通費は別途貰うケースが多いです。

中にはホテル代や交通費も込みのお手当てとして払おうとするパパもいるのため、事前に別の料金である旨を伝えておくことがおすすめです。

契約をする際のポイント

1度だけ会う人よりも定期でパパ活をできる男性の方が金額が高くなります、女性の立場でも信頼関係を築いた男性ですあるため安心してデートができます。

そのため、定期でパパ活ができる男性を探すということが、パパ活をする上で重要であるといえるでしょう。

定期でパパ活ができる男性を見つけるためにも、まずは1度相手のパパ活男性と会い、パパ活相手の男性がどのような人なのかを見極めなければなりません。

会う前から月に200,000万円を支払う男性はいませんし、仮に200,000万円を貰えるとしても2度と会いたくないと感じるような男性もいるためです。

最初の顔合わせからの信頼関係を築く時間は重要です。
まずは30,000万円でパパ活ができる男性を探した後、実際に会ってみた中で理想のパパ活男性を選ぶべきであるといえるでしょう。

7.体の関係なしの場合の相場

体の関係なしの場合の相場は、5,000円~20,000円です。

この場合も、定期なのか不定期なのかによって金額は変わります。
週1回の定期の場合であれば、月に50,000円から100,000円が相場でしょう。

不定期の場合は10,000円~30,000円が相場です。確実に拘束されないぶん自由度は高いものの、体の関係もなく不定期の場合は稼ぎにくいといえます。

体の関係なしで稼ぐコツ

ほとんどの女性は、体の関係はなしで稼ぎたいはずです。体の関係を持たない場合であっても、十分に稼ぐことは可能です。

そのためには、パパにとって「傍に居るだけでもうれしい」と感じてもらえるような女性でなければなりません。

会話のやり取りや見た目の華やかさも重要ですが、パパごとに接し方を変えて臨機応変に’接客’ができる女性になりましょう。

体の関係を迫るような行動をとらせないように、隙のない女性を演じることも大切です。
ガードをするという印象を与えずに、交渉を持ちかける隙を見せないようにします。

魅力的であると感じてもらえただけ、稼ぐことができます。相場以上のお手当を貰える可能性があるかもしれません。

体の関係なしで相場以上を稼ぐことができたのであれば、それは女性としての魅力を認められたも同然です。
自信を持って、沢山のパパと契約を結ぶことを検討しましょう。

まとめ

パパとの契約が成立し、何度かデートを重ねたパパに対しては、お手当の金額を交渉をしましょう。

徐々に金額を上げて交渉をすることがポイントであり、タイミングや雰囲気、関係性を重視します。

デート1回の相場は10,000円~30,000円、定期や体の関係によって大きく変化します。
体の関係がある定期契約という関係のパパは、出会い系サイトなどを通して自分で見つけるほかありません。

この様な行為は、仲介業者が紹介してくれるものではないためです。
個人でパパを探し、パパ活を行う場合には、身の安全を最優先に行動してください。

様々な形態があるパパ活ですが、全体の相場は毎月100,000円以上です。
女性のスペック、パパがどの程度経済的に余裕があるのか、付き合い方など様々な要因によってお手当の金額は変わります。
毎月1,000,000円以上を稼ぎ出す女性もいるため、自分の実力と努力次第であるといえるでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。